コーヒーの作り方ではありません( ̄▽ ̄)、市販のモーフやスキンを使用して、Studio128bitが調整したブレンドキャラJG-1の作成方法を紹介します。ベースフィギュアはGenesis 8 Femaleです。
キャラの型式名称は「純少女:JG-1」、名前を付けようかと思いましたが、いちいち考えるのがめんどうなので・・てきとーな型名JG-1に^^;
オリジナルモーフは使わず、なるべく調整箇所を少なくしたつもりです。

純少女:JG-1の制作 まにゅある
1.材料/必要なもの

・ベースフィギュア:Genesis 8 Female
Genesis 8 Female Head Morphs
Genesis 8 Female Body Morphs
Growing Up for Genesis 8 Female(s)
Diane for G3 & G8 Female(スキンのみ使用)

2.Shaping調整
Genesis 8 Femaleをベースに、Shapingを以下の調整値に変更します。
(記載ないところは変更なしです)

【Shaping調整データ】
[顔]
・Head Propagating Scale :-2%
・Face Flat: -65%
・Face Young: 70%
・Eyes Almond Inner: 150% (リミッターを外す必要があります)
・Eyes Almond Outer: 150% (リミッターを外す必要があります)

[目]
・Eyes Iris Size: 30%
・Eyes Size: 50%

[鼻]
・Nose Bridge Width:-65%

[ボデイ]
・Thin :30%
・Youth Morph: 30%
・Youth Shape Narrow: 100%

[足]
・Legs Length :25%
・Shins Size: -30%
・Thighs Size:-30%

3.Skin
Skinは「Diane for G3 & G8 Female」の「02_materials_Default」を使用しています。ただ、このスキンの最大の欠点?は胸の先端部のテクスチャーが描かれていません...あら~。どうしても必要な場合は^^;・・別のキャラクタのテクスチャーからコピーしてきます。GIMPのスタンプコピー機能を使うと比較的簡単にコピーできますが・・よい子は真似をしてはダメです!!( ̄▽ ̄)(いちばん下のおまけ参照^^;)

4.Skinのsurfaces調整(目)
目はDiane for G3 & G8 Femaleについている目です。
以下の部分を変更します。

[Cornea]
・Share Glossy Inputs On→Off
・Glossy Roughness :0.2

[Irises]
Base Color(青い目から暗い茶色に修正します)を変更します。
・Hue Red 205
・Sat 83  Green 143
・Val 205  Blue 138

お疲れ様でした。この調整値で、以下のようなキャラができるはずです。(#^.^#)

おまけ
Diane ボデイーSurfacesの修正【GIMPを使う場合】
Dianeボデイーテクスチャーは胸の先端部のテクスチャーが描かれていないので、別のキャラクタのテクスチャーからコピーしてきます。おおまかな手順だけ記載します。(ちなみに、私の場合は手持ちのGenesis8F Miraiからコピーしてきたような気がします)

(1)以下のフォルダにDianeのボディのテクスチャーがあるのでGIMPに読み込みます。
C:\Users\Public\Documents\My DAZ 3D Library\Runtime\Textures\AW TEXTURES\Diane Diane_Torso_Diffuse_1010LowVib.jpg、Dianeボデイテクスチャーは6144×6144です。
(2)GIMPに新規のアルファーレイヤーを追加(このアルファレイヤーにコピーします)
(3)コピー元のボディーテクスチャーもGIMPに読み込み込みます。コピー元のテクスチャーが4096×4096の場合は、6144×6144に拡大します。
(4)GIMPのスタンプ描画を選択し、ブラシは円形のCircle Fuzzy(19)あたりにして、拡大縮小で円の大きさを調整。Ctrl+マウス左ボタンでコピー元の画像の胸の先端部を選択し、新規追加したアルファーレイヤーにペーストします。
Dianeボデイテクチャーは変更しないで、ペーストする位置の確認だけに使います。
(5)このアルファーレイヤーのみをpng形式で保存。(例:niptexture.png)

(6)JG-1にniptexture.pngを追加
surfacesTorsoを選択し、Basic ColorTranslucency Colorのテクスチャー部分にniptexture.pngを別レイヤーで追加します。
Layered image editorを起動し、+で新規レイアーを追加しResourceでniptexture.pngを選択。Blend ModeはAlpha Channel Blendか、Multiplicative Blendを選択。
レイヤーを追加して、テクスチャーを合成する方法は、下記サイトに詳しく記載されていますので参照お願いします。

参考にさせていただいたサイト
気軽にメイクを試せる Layered プリセットの作り方

キーワード:DAZ Studio , 3DCG, 美少女,

2+